火. 9月 21st, 2021

仕事柄、路線バスをよく使っています。今は皆さんマスクをされていますよね。使い捨てタイプの不織布マスクをしている方は状況に応じて交換するといいのですが、ウレタンマスク、手作りマスクなどもたくさん見かけます。形状がしっかりしている分お洒落好きな女性の方にはスッキリした顔立ちに見えますので手放せない方も多いでしょう。

このウレタンマスクや手作りマスク、洗濯だけでは不十分かなと思っている方にマスク除菌ケースが役に立ちそうなアイテムです。

マスクの形状を崩さず挿入でき、乾燥と除菌を行います。マスクを知り尽くし、清潔をテーマにし、マスクを使う人のための、マスク専用設計の除菌ケースです。

洗濯に弱いウレタンマスク等に最適

ウレタン系のマスクやその他の化学繊維マスクの洗い方として推奨されている方法が中性洗剤で手洗いし、漂白剤はNG。というマスクが多く存在します。

洗濯後は漂白剤で除菌を進めているのですが、漂白剤NGのマスクは是非マスク除菌ケースで除菌をして下さい。

乾燥&UV-C+UV-A同時除菌!マスク除菌の正当進化モデル誕生

UV-C LED出力 3mW仕様 → 6mW仕様 除菌力の引き上げ

マスクのような繊維を除菌する際に大変重要な役割を果たすのが乾燥です。

従来品は乾燥10分後、除菌10分を行い、乾燥で除菌効果を上げておりました。

新バージョンでは動作の時短をするために乾燥と除菌を同時に行います。

そのため除菌効率のUPが必至になりました。

除菌の要であるUV-C(深紫外線)素子を3mWから6mWにまで引き上げ、さらにUV-Aである可視化された紫外線でマスクの隅々まで除菌効果をもたらします。

人体へ影響があるUV-Cと言われておりますが、実用上影響が及ばない程度まで引き上げ、さらに人体への影響が少ないUV-AでW効果が期待できます。

マスク除菌ケースの使い方は簡単

  1. マスクをケース内に入れてケースを閉じる※耳掛けは中に入れても外へ出してもOK
  2. 電源ボタンを長押しするとスタート
  3. そのまま10分放置
  4. 4. マスクを取り出して使う
  5. 新品のマスクのような新鮮な使い心地に戻ります。

除菌の決め手は乾燥

UVを使った除菌製品は既に多数存在します。

もちろん、除菌はUV-Cの得意とする機能ですが、マスクのように繊維質を除菌するには乾燥を行う事が除菌の大きな手助けになります。

菌を扱う専門家なら菌やウイルスが乾燥に弱い微生物である事は周知の事。

本製品マスク除菌ケースの拘りは除菌だけではなく乾燥に拘ったマスク専用設計です。

乾燥除菌を行った後、ケースから取り出したマスクがサッパリして新品のように感じられる所以です。

一見簡単にファンを内蔵しただけに見えますが、実はこの形状に至るまで複数の検討を重ねてようやくたどり着いた乾燥方法です。

対応マスク

ケース内寸は全長90mm 幅120mmですが、「平型」「プリーツ型」「立体型」一般的なマスクは挿入可能です。

材質も「紙製」「布、ガーゼ」「不織布」いずれも除菌が有効です。

内寸以上のマスクでも多少であれば押し込んで使って頂けます。

折りたためない粉塵マスクのような場合はケースから出してスタンドを使いご利用いただけます。

マスク以外への除菌

スマホの除菌例

マスクガイドを外せば除菌光であるUV-Cが露出します。日常の心配な部分に直接UV-Cを当てることで除菌が可能になります。

※UV-C光源は直ちに人体へ悪影響を及ぼす程の強度はありませんが、光源を至近距離で直視する事はおやめください。

充電式でコンパクト

内蔵バッテリー駆動でケーブルレスでご利用頂けます。また、約170gと軽量で持ち運びに便利です。外出時には必ず持って行きたくなる仕様です

簡単な商品規格

  • 寸法:130×130×36mm
  • 重量:約170g
  • 充電時間:約3時間(USB接続充電方式)
  • 駆動時間:乾燥+除菌モードでトータル約2時間10分
  • セット内容:本体(除菌ユニット、マスクガイド、ケースカバー)、ストラップ、アクリルスタンド、充電用USBケーブル
  • 保証期間:1年間

コロナ禍でもお仕事や学校にに出ないといけない現状。バッグの片隅に入れて使っている最中でも時折、乾燥と除菌を行うと長時間使うことによる不快感を解消することができます。

One thought on “「 洗って使える マスク 」でも 乾燥 、 除菌 は必要! UV-C LED 技術 で除菌『 ULTRAWAVE 除菌 マスクケース ver.2 』”

Comments are closed.